木創りの家 建築舎 : 有限会社森本建築

木の家専門店
福井県大飯郡おおい町名田庄久坂11-27-1・TEL 0770-67-2698・FAX 0770-67-2687
木の家の施工例
森本建築ホーム>木の家の施工例>安藤 様 (新築工事)

木の家施工例

安藤 様 (新築工事)

一生に一度の買い物を森本社長と
ご縁があってもいいと感じました。

 

家を購入して20年。
そろそろ床や屋根等の修繕の時期にきていました。

『さぁどうしよう・・。リフオーム? 新築・・?』
色々悩みましたが、部分直しはコストも高いので、
思い切って新築にする事に決めました。

しかし自分の中で家の情報収集をしていたわけでもなく、
これといったイメージはありません。

住宅展示場を一度見に行きましたが、
何かしら違うような気がしてそれ以上は足を運びませんでした。

そこで家を建てるにあたってハウスメーカーがいいのか、
地元の建築屋さんがいいのか、
住宅雑誌を読んで自分なりに勉強をしました。
そして雑誌に従い地元の工務店に頼もうと考えたのです。

友人から“大工さんなら名田庄にいい人いるよ”と森本さんのことを聞きました。

特に友人への義理もないので、
『気に入らなくてもすぐに断ったらいい』と気楽に考えて
一度会ってみることにしました。

森本さんとの初めて出会いです。

“気に入った!”
私はずっと人間相手の仕事をしてきたので、直感が働くのです。

その日、色々と話をし、実際に森本建築さんが建てた家も見せてもらうと、
玄関の柱飾りには前の家にあった柱が使われていました。

実は、森本さんにお会いする前にハウスメーカーの営業マンが来て、
家の見積もり依頼を受けていました。

その時に前の家の材料を使って欲しいと伝えたら、
「それは止めたほうがいいです。
バランスが悪いし、かえって高くつくかもわかりません」と一蹴されたのです。

長い間住んだ家には思い出が
いっぱい詰まっています。

前の家の材料を使うことはサイズや柄など、
新しい部分とミスマッチを起こすことは
もちろんわかっています。

しかしそれは自分の思いを分かってくれるのか、くれないのか・・
という問いかけでもあったのです。

森本さんは
「まだまだ使えます。捨てるのはもったいない」と、逆に使う事を勧めました。

ただ“新しいものだけ”という発想だけではなく、
私の人生や生活を受け入れたうえでの提案ができる。
“一生に一度の買い物をこの森本社長とご縁があってもいい“と
その時感じました。

私にしてみると、ここが業者選びの大きなポイントになりました。

自分の中ではっきりとしたイメージがなかったので、
そこに行き着くまで何度も図面を書き直してもらうことになり
申し訳なかったのですが、家の目の前が海ということもあり、
最終的に私の中で“別荘”というイメージにたどり着きました。

家が完成して私の生活は
飛行機でいうならエコノミーから
ビジネス、ファーストクラスに
かわったいう感じがします。

わが家は最近ではめずらしい“土壁”の家。
壁紙やクロスを貼った家とちがい、
空気が柔らかく、落ち着きます。

これも森本さんの提案。

私と同世代の友人だけでなく若い夫婦でさえ、
我が家に遊びにくるとその心地よさに驚きます。

私は、二階のベランダがお気に入りです。
目の前は海。

水平線を眺めながら一時間ほど
そこでビールやワインを飲み
ゆったりとした時を過ごす。

大切なひとときです。

森本さんと出会ったのは本当にラッキーでした。
これから先もずっといいお付き合いができると思っています。

「木の家施工例」に戻る

おおい町名田庄から発信!

ご相談・お問い合わせ TEL 0770-67-2698

メールでお問い合わせ

住まいの事なら何でもお気軽に!

木の図鑑

イベント実績

木の家専門店

木創りの家 建築舎 有限会社森本建築

〒917-0382 大飯郡おおい町名田庄久坂11-27-1 TEL:0770-67-2698 FAX:0770-67-2687

Copyright(C) MORIMOTO Corporation. All rights reserved.